子宮腺筋症という病気をご存知ですか?
もし、苦しんでいる方がいらっしゃるなら、またはご家族や大切な人がこの病気で苦しんでいるのなら、当ブログが少しでもお役に立てたらと思います。

しかしながら、誰もが私の選択した薬や医師に合うとは限りません。あなたに合う治療を見つけるご参考としていただければ幸いです。

最近の話

すっかり放置していましたが・・皆さまご無沙汰しております。
その後、再度チョコレート嚢胞の治療法などについて西田先生に相談にと茨城まで6月頃、足を運びました。

その時の診察で、「あくまで生体検査をしていないのでチョコレート嚢胞の可能性がある」というだけで確定的ではないこと、来年の5月を再診としてそれまでに子どもを希望する場合は妊娠できるように心がければ、妊娠と共にチョコレート嚢胞のようなものも改善されますとお話をいただきました。

これを書いている現在、妊娠をしていませんし体の症状も大きく変化していませんが💦
いくつか体質改善のために試していることがあります🌟
まず一つ目はハーブエッセンスです。医薬品ではないですし、薬とは異なるのですが、内膜症やガンが改善されたと言われるハーブを試しています。

これも調子に乗っていると摂り忘れたりしていて、ちゃんと効果を出せているかというと微妙なので🤣間違いなく効果を感じたらこちらで、ご紹介したいと思います。

もう一つが骨盤職人という腰痛改善器具です!!

これがね、本当に効きます(笑)
うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!めちゃくちゃ痛い!!!痛い!!!!と悶絶する機器なのですが、腰痛の改善だけでなく骨盤の矯正になるようで使い始めて一週間くらいかな??になるのですが、めっちゃ体が軽くなったように感じます。

ついでに生理痛も良くなればいいな(・∀・)と期待を込めて使用しています。
あとは神仏にお願いに行ったりしています(笑)

なんとかなるなる🎶というくらいの気持ちで生きていると本当になんとかなるなぁと思うことが増えました。
多分、来年の5月、わたしの体はなんともなく超健康体だと信じて疑いません(笑)
今までの私だったら、ものすごく不安だと思うのですが今のわたしは、全然大丈夫な気しかしないのです🌟もちろん、検診等はきちんと行きますが(o^―^o)
ただ、どうにもならない部分はエーーーーイ!!良くなる一方🎶と神仏を信じて(わたしは宗教活動はしていませんが、神社仏閣巡りが趣味です)今を楽しむ✨それが一番という境地におります💗

また、なにか良い情報がありましたらお伝えしますね~!!

骨盤職人はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B008J63ULS?pf_rd_r=JJV2NQ0SG4G4F694YW96&pf_rd_p=7392bae8-7129-4d1a-96a9-1cfe0aa13ab3

過信

本当にご無沙汰をしています。
このブログを読んでくださった方の多くが、子宮腺筋症核出術への挑戦を悩み
ご自身に合った治療法を模索しておられることと思います。
そうした方の一助となればと思い始めたブログです。
今も少しでもお役に立てていたらと思い書いています。

また、新型コロナウイルスに感染された方のご回復を心よりお祈り申し上げます。


手術から、あと少しで2年になります。おかげさまで傷の状態も良く楽しく暮らしていました。
そして今年になって定例の霞ヶ浦医療センターでの検診を受ける季節になり久々に西田先生に
お会いしました。

少し不安なだったのは経血の量がまた、増えつつありロキソニンの服用も術後に比べると
少し増えたような気がしていたのですが、その嫌な予感が的中し今回の診察で新しい
内膜症が発覚しました。その名も“チョコレート嚢胞”です。


内膜症の中では最もポピュラーで最も癌化しやすい、油断ならない病でした。
西田先生も診察の間、頭を抱えるしぐさを何度かされていましたが、私もかなり
ショックを受けたとともに、あぁ自分は根っからの内膜症体質なのだなと改めて
思い知らされたような気がしました。

結局のところ、せっかく子宮腺筋症核出術を受けたのに他の内膜症を発症したことで
今後はまた化学療法に頼らなくてはならないかもしれないということです。
更には化学療法を行うことで妊娠が望めなくなるうえに、妊娠できたとしても様々なリスクが
ついてまわるという事態を招いてしまいました。


最初はどうしてもショックで、塞いで泣きわめいてみたり、そうかと思えば仕事で
信じられないくらい動いて無理をしてみたり、ゲームに信じられないくらい没頭してみたりと
いろいろ足掻いてみては考えたくない・・と受け入れられずにいました。

せっかくまっさらな、正常な子宮を西田先生や家族、支えてくれた人たちのおかげで
手に入れることができたのに・・また、同じことを起こしてしまう・・あぁ、なんてダメな
やつなんだと思うと日々の生活が辛く感じ、朝から仕事に行くまでずっと寝ていよう
なんてこともしていましたが、少しだけ気持ちが立て直そう、頑張ろうと上向きになって
きた今、こうして文字におこすことができています。


ここで私の経験上、言えることは、やっぱり体のことは油断してはいけないということ。
何かが間違っているから、これは嫌だ、きついと体が教えてくれているのですから
日ごろから自分のことは大切にしなければいけないのだということです。


食べ物、睡眠の質などの生活習慣で少し調子に乗っていた部分があったので体がまた、私に
ストップをかけたのだと思います。

当たり前のことなのですが内膜症であるかぎり、体を冷やさない、生活習慣に気をつけると
いうことは継続していかなければなりません。
一時、手術で腺筋症を克服したとしても私のような内膜症の方は注意が必要だと思います。

まして、私のように放っておけば癌化するような病気になってしまうのは
非常にもったいないです。


いずれ、人は誰でもこの世を去ります。
ですから、今更、将来を悲観しても仕方がないのですが、できれば誰もが
少しでも健康で一日、一日を過ごしたいと思われるのではないでしょうか。

私のようにならないためにも、日々の生活を大切に生きることをご自身を育む気持ちで
ご自身の身体に向き合われることをおすすめします。

肝心な子宮の方は異常がありませんでしたので、それだけが救いです。
この記事も書くことを随分と迷いましたが、これもまた誰かのお役に立てば幸いです。





mizuho1102DSC_0741_TP_V





術後の傷口


さて、手術から一年経過しましたが術後の傷口が
どのようになっているかと言いますと、
これがとっても良好です!

長さにして、およそ10cmくらいの傷があったのですが
半分くらいは、ほとんど見えないくらいに無くなっています。
ただ、残り半分は少し赤く盛り上がっていて簡単に形容すると
細いミミズを乗っけているみたいな・・感じです(笑)


傷口の状態そのものも、とくに問題はなく
擦りむいたところが治りかけると痒くなるのと
似たような感じで、時々、痒いなぁと思うことがあります。
それ以外は、まったくもって何も感じません。

例えば、傷になっている所が突っ張るとか
お腹が張っているときに痛くなるといったことは一切ありません。

見た目の方も他の方のブログで見たのですが、
ローライズな水着を着てもちょど隠れてしまう位置に
あるのでまったく問題ありません。


私の場合、既婚で夫もこの手術のことを知っているため
何も問題ありませんが、お嫁入前の方ですと、
痕が残ったらちょっと気になるかも・・
という方もいらっしゃるかもしれません。
時間とともに薄くなっていくのではないかなと思います。

このへんの傷口の治り具合ですとか痕になるかどうか
といったことも個人差があると思いますので一概に言えませんが
私の場合、日常生活にはまったく問題ありません。

主治医の西田先生に感謝ばかりです(#^^#)

asagao17




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ